縁側説法

こんにちは
竹焼きも順調に進み、保管場所の倉庫に焼き上がった竹がどんどん並んでいきます。

今日は、会場となる真伝不動明王寺で興味深いお話の会があると聞きましたので、皆さんにお知らせしたいと思います。
真伝不動明王寺の住職である前田和慧師が、毎月18日に縁側説法をされています。普段は、住職が今感じられていることについて題名を決めずにその場の雰囲気で話が進められているそうですが、この度、この縁側説法のスペシャルバージョンとして、『呪詛と人形』という題名でお話されるそうです。なんか興味深くないですか。呪いと人形と言えば、わら人形に五寸釘を真夜中に打ちに行く姿を思い出します。実際、お寺の近くの山の中にキュウピー人形に五寸釘が打ち付けられていたそうです。当日はその時の写真も見れるとのこと。
是非、参加されてはいかがでしょうか。

日時 平成29年4月9日 日曜日 11時から13時
会場 竹華灯籠まつりの会場である真伝不動明王寺
参加費 お一人1500円 ハーブティーとお菓子付き
近隣に飲食店が無いため昼食は、皆さんご持参してくださいとのこと。

写真は、前回の縁側説法スペシャルバージョン『死んだらお終いか』の様子です。